HOME サービス・イベント 管理人について メール

選択肢1:スクラッチ開発
選択肢2:パッケージ導入
選択肢3:モデル製品の利用

「教材」としてのレファレンスモデル

CONCEPTWARE(コンセプトウエア)は、X-TEA Modelerで閲覧・編集可能な、「財務管理」や「生産管理」といった業務分野毎に提供されるレファレンスモデル製品です。なぜ、このようなものが必要なのでしょう。

当社が推奨する分析手法である三要素分析法は、ユーザーとの打ち合わせのその場でどんどんモデリングするという、効果的ではありますが設計者にとっては過酷な方法です。経験の浅いSEにはとくに難しく感じられるでしょう。

そのような場合、CONCEPTWAREを用いて業務分野毎の設計パターンを事前に学んでおくことをお勧めします。また、ベテランのSEであっても、Modelerを用いて分析結果をとりまとめる際に、これらのライブラリーが役に立つでしょう。Modelerの開発者自身がまとめたものなので、ツールが本来どのように利用されるべきかがよくわかるからです。


「第三の選択肢」としてのレファレンスモデル

レファレンスモデルをお勧めするもうひとつの理由は、これが「スクラッチ開発」と「パッケージ導入」の美味しいところを取り入れた第三の選択肢である点です。

◆スクラッチ開発での問題
業務システムを一から作るスタイルが「スクラッチ開発」です。テーブル構成からプログラム、そして仕事の進め方までを作り変えるという抜本的なやり方です。オーダーメードなので、ユーザ企業の特性や意向に沿ったシステムが出来上がりそうなものですが、以下の問題があります。

起用される技術者によって設計品質がブレやすい
ゼロベースで考えることになるので、発注側としても新システムの明確なイメージを持ちにくい。開発を受託する側としても工数見積しにくい
分析・設計するための充分な工数が盛り込まれることがまれなので、けっきょくユーザ企業の特性や意向を反映しにくい

パッケージ導入での問題
いっぽう、ERP等のパッケージ製品を導入するやり方もしばしばなされます。それらには業界毎のベストプラクティスが反映されていると謳われているので、旧態依然とした仕事の進め方をしている企業にとっては魅力的です。少ない開発費と短期の導入期間でビジネスプロセスを改善して、企業の競争力を手軽に高めてくれそうに見えるからです。しかしことはそれほど単純ではなく、以下のような問題があります。

パッケージに盛り込まれた「業界のベストプラクティス」が、導入企業にとっても有効かどうかはやってみないとわからない。下手をすればその企業のもともとの強みが無力化される恐れがある
パッケージは単品では安価に見えたとしても、カスタマイズ(アドオン)に想像以上のコストや時間がかかる。保守までを含めて考えたらコスト面の優位性はほとんどの場合期待できない
稼動後、バージョンアップや保守を通じてパッケージベンダーの意向に振り回される
恐れがある

端的に言えば、「スクラッチ開発」では、実装面の自由度は高いが、コンセプトをまとめきれないのが問題で、「パッケージ導入」では、たたき台となるコンセプトはあるが、それを発展させようとすると実装が足かせになるのが問題です。

第三の選択肢:スクラッチ開発とパッケージ導入のイイトコ取り
レファレンスモデル製品を用いて、これらの
問題に対処できます。なぜならそれは洗練されたコンセプトであると同時に、モデリングツールで自在に編集できるものだからです。また、ユーザ企業の意向に合わせて編集されたモデルにもとづけば、利用される実装技術にもとづく開発費用も算定しやすいからです。しかも、実装技術は発展の一途をたどっているからです。

実装版のバンドル
弊社が提供するいくつかのモデルには、X-TEA Driverで実装された実際に動くシステムが添付されています。モデルを実際の動きや実装として確認できるという点で有用であるだけでなく、実装されることによってモデルのフィージビリティ(実現可能性)が確保されているという大きな利点があります。


業種・業務分野別の製品ラインナップ

CONCEPTWARE/財務管理
仕訳・決算、手形管理、資産管理、資金管理といったオーソドックスな財務管理の機能を盛り込んだモデルです。法人向けのパッケージ製品として良質のものがすでに数多く出回っているため、現在では財務管理システムの受託開発など滅多にありません。ゆえに、「システム設計のたたき台」として役立つ機会はないかもしれませんが、業務アプリ系のソフト技術者が「業務知識の基礎体力」を身につけるための教材として、「CONCEPTWARE/財務管理」はきっとお役に立つでしょう(モデルを理解するためには、日商簿記3級程度の会計知識が必要です)。実装版はバンドルされていません。

CONCEPTWARE/科目履修管理
高等教育機関の科目履修管理システム(科目の履修申請から成績登録、および教養課程から専門課程への進級過程を支援するシステム)向けのライブラリです。渡辺幸三著「業務システムモデリング練習帳」(日経BP社,2006)第8章「科目履修管理システム」の内容にもとづきます。詳細については書籍にてご確認ください。実装版はバンドルされていません。

CONCEPTWARE/販売管理
事業活動支援システム向けの第一弾、専門卸売業向けのレファレンスモデルで、X-TEA Driverでの実装がバンドルされています。外貨での仕入と、未来在庫を把握するための枠組み「在庫推移監視法」にもとづく汎用的な在庫管理のしくみが組み込まれている点が特徴です。売上・仕入・在庫管理の基本モデルとしてご利用ください。

CONCEPTWARE/生産管理
組立加工を主体とする製造業向けのレファレンスモデルで、X-TEA Driverでの実装がバンドルされています。「CONCEPTWARE/販売管理」と同様、「在庫推移監視法」にもとづく在庫管理のしくみが組み込まれている点、および、フィーチャオプションと部品表・工程表が統合されている点が特徴です。部品表や製造工程管理の基本モデルとしてご利用ください。

CONCEPTWARE/受注生産
受注生産型の組立加工を主体とする製造業向けのレファレンスモデルで、X-TEA Driverでの実装がバンドルされています。品目固有の仕様構成にもとづいて、受注の都度、製造品の仕様を確定します。比較的シンプルなので、学習用に最適です。

フレール・メモワール通販管理システム
花束問題V1.2」にもとづく、花束販売向け事業管理システムのモデルと実装です。生鮮品である花の廃棄量を最小限に抑えるための工夫が盛り込まれています。

CONCEPTWARE/サービス管理 new!
有償のWEBサービスで稼ぐIT企業向け基幹システムのモデルと実装です。APIの一群を「サービス」とし、複数のサービスを自由に組み合わせたものが「商品」で、顧客は商品を契約することで、これに帰属するAPIを利用できます。サービスを制御する各サーバと連係しながら、商品マスター管理や請求や入金確認といった業務を支援します。

CONCEPTWARE/自治体
住民基本台帳や住民税の管理といった、市町村庁の住民課業務を支援するシステムの基本設計情報です。(財)全国地域情報化推進協会(APPLIC)による「地域情報プラットフォーム標準仕様書V2.0」を参考にしています。地域行政という身近な題材にもとづくゆえに、モデリング教材として有用なだけでなく、自治体サービスの効率化を考える際の素材としても活用できるでしょう。実装版はバンドルされていません。

※CONCEPTWAREとコンセプトウエアは当社の登録商標です

Copyright(c) since 2004 DBC Ltd. All rights reserved.